相続放棄のすべて!手続き方法と注意点を徹底解説

query_builder 2024/01/16
コラム



はじめに

 相続放棄とは、相続人が相続手続きを行わず、相続財産を受け取らないことを選択することです。これにより、相続財産だけでなく、被相続人の負債も引き継がなくなります。今回は、相続放棄について説明し、手続き方法や注意点、相続放棄を選択する理由や時期などについても触れていきます。

相続放棄の手続き方法

 相続放棄を行うには、家庭裁判所への申述や書類の提出が必要です。次項では、手続きの流れや必要書類について詳しく解説していきます。

・手続きの流れ

 相続放棄の手続きは、まず家庭裁判所に相続放棄の申述を行い、その後、家庭裁判所から連絡があることがほとんどです。家庭裁判所からの連絡を受けて、必要に応じて書類を提出し、最後に家庭裁判所から相続放棄申述受理通知書が届くことで手続きが完了します。

 申述期間は、相続の開始を知った時から3か月以内に行わなければなりません。また、申述先は、被相続人の最後の住所地の家庭裁判所管轄裁判所です。

・必要書類

 相続放棄の申述には、相続放棄の申述書や標準的な申立添付書類などが必要です。また、申述には収入印紙800円分と連絡用の郵便切手も用意しなければなりません。

 法定代理人が代理して申述する場合は、未成年者や成年被後見人の情報も記載する必要があります。相続放棄が認められた場合、相続人に引き継がれる財産や債権者からの請求に対処するために、相続放棄受理証明書の取得もおすすめです。

相続放棄を選択する理由と時期

 相続放棄は、被相続人の負債が多額であったり、相続トラブルを避けたい場合などに選択されることが多いです。また、申述期間は相続の開始を知った時から3か月以内であり、期間が過ぎると相続放棄ができなくなるため、注意が必要です。

・多額の負債があるケース

 被相続人の負債が多額である場合、相続人がその負債を引き継ぐことになりますが、相続放棄を行うことで負債を引き継ぐ必要がありません。ただし、相続財産の全容を把握して慎重に判断する必要があります。

 マイナスの財産が多い場合は、相続放棄を選択することができます。また、相続放棄が認められた場合、その相続人は初めから相続人ではなかったとみなされます。

・相続トラブルを避けたいケース

 被相続人の財産が複雑であり、相続人間でのトラブルが起こる可能性がある場合、相続放棄を選択することで、相続に関わるリスクを避けることができます。ただし、相続財産の状況や相続人間の関係を吟味し、適切な判断が必要です。

 相続財産について十分な情報収集や状況把握を行い、負債の可能性を考慮して相続放棄を選択することが重要です。また、相続放棄を行うことで、相続財産の処分や私的な調停の余地があります。

相続放棄の注意点とリスク

 相続放棄にはいくつかの注意点があり、適切な判断が求められます。以下では、相続放棄に関する注意点やリスクについて詳しく述べていきます。

・相続財産の処分や隠匿・消費について

 相続放棄を行う場合でも、相続財産の処分や隠匿、消費は相続放棄ができなくなる可能性があります。つまり、相続する意思があると判断される行為があった場合には、相続放棄を申し立てることができなくなることがあります。

 相続財産や負債の状況を把握し、相続放棄を選択する際には、関係者と十分なコミュニケーションを取ることが重要です。また、相続財産の管理義務や次順位の相続人への説明も忘れずに行いましょう。

・生命保険金や相続税の問題

 相続放棄をしても、遺族が受け取る生命保険金は影響を受けません。ただし、相続税が発生する可能性があることは覚えておく必要があります。相続放棄を選択する前に、税務に関する知識も含め、遺族への影響を充分に考慮して判断しましょう。

 また、相続放棄を行うと、遺留分を主張することができなくなります。つまり、相続放棄を選択した場合、被相続人による遺言による財産分配に対する異議申立てができなくなることも理解しておくことが重要です。

専門家への相談と代行サービス

 相続放棄の手続きは専門的な知識が必要な場合があります。不安がある場合、弁護士や司法書士などの専門家に相談し、手続きの一部または全部を代行してもらうことがおすすめです。

・相談の方法とメリット

 専門家に相談することで、適切な手続き方法や書類の作成、提出が行えます。また、相続や税務に関するアドバイスも受けることができます。また、家庭裁判所への申述の代行や財産調査も行ってもらえることがあります。

 弁護士や司法書士を選ぶ際には、実績や評判を確認し、相続放棄に関する経験が豊富な専門家を選択することが重要です。また、費用やサービスを比較検討することで、適切なサポートが受けられます。

まとめ

 相続放棄は、相続財産や負債の引き継ぎを避ける方法として考慮することができます。手続きの方法や注意点、相続放棄を選択する理由や時期、専門家への相談方法について理解し、適切な判断を行いましょう。また、手続きに不安がある場合は、専門家に相談し、安心して手続きを進められるようにしましょう。

よくある質問

Q1: 相続放棄とは何ですか?

A1: 相続放棄とは、相続人が相続財産を受け取らずに相続手続きを行わない選択をすることです。相続放棄をすると、相続財産だけでなく被相続人の負債も引き継がなくなります。

Q2: 相続放棄の手続き方法はどうなっていますか?

A2: 相続放棄の手続きには、まず家庭裁判所に相続放棄の申述を行う必要があります。その後、必要な書類を提出し、最終的に家庭裁判所から相続放棄申述受理通知書が届くことで手続きが完了します。申述期間は相続開始の3か月以内となります。

Q3: 相続放棄を選択する理由は何ですか?

A3: 相続放棄は、被相続人の負債が多額であったり、相続トラブルを避けたい場合などに選択されることが多いです。また、相続放棄が認められるための申述期間が相続開始の3か月以内と限られているため、時期にも注意が必要です。

Q4: 相続放棄にはどのような注意点やリスクがありますか?

A4: 相続放棄をする場合でも、相続財産の処分や隠匿、消費は相続放棄ができなくなる可能性があります。また、相続放棄すると遺留分を主張することができなくなったり、相続税の影響を受ける可能性があることにも注意が必要です。相続放棄に関する手続きやリスクについては、専門家に相談することをおすすめします。


NEW

  • 遺産分割と相続放棄、知っておきたい全ての違い【徹底解説致します】

    query_builder 2024/07/13
  • 遺産を巡る家族トラブル回避!遺産分割協議書の「相続分の放棄」書き方

    query_builder 2024/07/09
  • 知っておきたい代襲相続の割合計算と注意点 - 相続トラブル解消の鍵

    query_builder 2024/07/02
  • 知っておきたい「遺産分割協議書」作成のコツ 相続放棄者がいる場合の対処法

    query_builder 2024/06/25
  • 遺産分割協議書で相続を拒否する時のリスクと手続きについて

    query_builder 2024/06/21

CATEGORY

ARCHIVE