遺産を巡る家族トラブル回避!遺産分割協議書の「相続分の放棄」書き方

query_builder 2024/07/09
コラム


はじめに

 遺産相続は複雑な手続きを伴う重要な問題です。適切に対処しなければ、家族間でトラブルが生じる可能性もあります。その中で、遺産分割協議書の作成は欠かせない重要なプロセスとなります。特に「相続分の放棄」については慎重に検討する必要があります。本ブログでは、遺産分割協議書における相続分の放棄について、その概要と書き方のポイントを詳しく解説します。

相続分の放棄とは

 まず、相続分の放棄とは何か確認しましょう。相続分の放棄とは、遺産分割協議において、自身の法定相続分を受け取らない意思を表明することです。

相続分の放棄のメリット

相続分の放棄には以下のようなメリットがあります。

  • ◆家庭裁判所での手続きが不要なため簡単である
  • ◆期限の定めがないため、いつでも放棄できる
  • ◆相続人の順位が変わらない
  • ◆生命保険金や死亡退職金の非課税枠が適用される
  • ◆相次相続控除を受けられるため節税が可能

 このように、相続分の放棄にはメリットもありますが、デメリットもあります。相続債務の負担が残るため、被相続人の財産状況を確認する必要があります。

・相続分の放棄とは異なる「相続放棄」

 相続分の放棄とは異なり、家庭裁判所で相続放棄の手続きを行えば、債務も含めた遺産を一切相続しないことができます。続放棄には相続が開始したことを知ってから3カ月以内という期限があり、面倒な手続きが伴いますが、相続債務を完全に免れることができる重要な選択肢です。

 相続放棄と相続分の放棄はそれぞれメリット・デメリットがあるため、状況に応じて適切な手続きを選ぶ必要があります。ですから専門家に相談することをおすすめします。

遺産分割協議書への記載方法

 次に、遺産分割協議書に相続分の放棄をする場合の記載方法について見ていきましょう。

・相続分の放棄をする人の記載

 遺産分割協議書には、相続分を放棄する人の氏名を明記する必要があります。例えば「甲は相続分を放棄する」といった具合です。

相続分の放棄をした人も相続人であるため、遺産分割協議の話し合いに参加し、署名・押印しなければなりません。

相続分の割合の記載

次に、相続分の割合についても記載します。例えば「乙と丙は法定相続分の2分の1ずつを取得する」といった具合です。

相続人相続分
放棄
2分の1
2分の1

このように、一覧表を作成するのも分かりやすい方法です。

・署名・押印の重要性

 遺産分割協議書には、相続人全員の署名・押印が必要不可欠です。互いに合意した内容を明確にするためです。特に相続分の放棄をする人の署名は欠かせません。

 署名・押印がないと、その協議書は法的な効力を持ちません。トラブル防止のため、慎重に対応しましょう。

相続分の放棄を検討する際の注意点

 相続分の放棄を検討する際は、以下の点に注意が必要です。

・マイナスの財産の確認

 被相続人にマイナスの財産がある場合、相続分の放棄をしても借金などの債務を引き継ぐ必要があります。そのため、事前に被相続人の財産状況を徹底的に確認する必要があります。

 マイナスの財産が大きい場合は、相続放棄を選択するなど、専門家に相談して適切な手続きを検討しましょう。

・相続人全員の合意

 相続分の放棄には、他の相続人全員の合意が必須となります。遺産分割協議書には全員の署名・押印が必要不可欠です。

 相続人の中に合意が得られない人がいると、協議が難航する可能性があります。事前に十分に話し合い、全員が納得した上で手続きを進めることが大切です。

・ハンコ代の支払いの有無

 一般的に、相続分の放棄ではハンコ代は支払われません。しかし、被相続人が債務超過ではないのにあえて放棄する場合は、支払うケースもあります。

 支払う際の金額は当事者間で話し合って決めますが、110万円を超えるとハンコ代に贈与税がかかるため注意が必要です。相続放棄との違いにも留意しましょう。

まとめ

 遺産分割協議書への相続分の放棄の記載は、手続きが簡単な半面、マイナスの財産を免れられないというデメリットがあります。放棄をする場合は、被相続人の財産状況を確認し、相続人全員の合意を得ることが重要です。

 慎重に検討し、状況に応じて相続放棄も選択肢に入れるなど、専門家に相談しながら最善の方法を見つけましょう。家族間のトラブルを防ぐためにも、適切に対処することが何より大切です。

よくある質問

Q1.相続分の放棄とはどのようなものですか?

A1.相続分の放棄とは、遺産分割協議において、自身の法定相続分を受け取らない意思を表明することです。相続分の放棄には、手続きが簡単で期限がないというメリットがありますが、相続債務の負担が残るというデメリットもあります。

Q2.相続分の放棄と相続放棄はどのように違いますか?

A2.相続分の放棄とは異なり、相続放棄は家庭裁判所で手続きを行えば、債務も含めた遺産を一切相続しないことができます。続放棄には相続が開始したことを知ってから3カ月以内という期限があり、面倒な手続きが伴いますが、相続債務を完全に免れることができる重要な選択肢です。

Q3.遺産分割協議書にはどのように相続分の放棄を記載すればよいですか?

A3.遺産分割協議書には、相続分を放棄する人の氏名を明記する必要があります。また、相続分の割合についても記載し、相続人全員の署名・押印が必要不可欠です。

Q4.相続分の放棄を検討する際の注意点は何ですか?

A4.相続分の放棄を検討する際は、被相続人にマイナスの財産がある場合でも債務を引き継ぐ必要があること、他の相続人全員の合意が必須であること、ハンコ代の支払いが必要な場合があることに注意が必要です。


NEW

  • 遺産分割と相続放棄、知っておきたい全ての違い【徹底解説致します】

    query_builder 2024/07/13
  • 遺産を巡る家族トラブル回避!遺産分割協議書の「相続分の放棄」書き方

    query_builder 2024/07/09
  • 知っておきたい代襲相続の割合計算と注意点 - 相続トラブル解消の鍵

    query_builder 2024/07/02
  • 知っておきたい「遺産分割協議書」作成のコツ 相続放棄者がいる場合の対処法

    query_builder 2024/06/25
  • 遺産分割協議書で相続を拒否する時のリスクと手続きについて

    query_builder 2024/06/21

CATEGORY

ARCHIVE